梱包用ダンボール

ダンボールでの梱包ならお任せください

ダンボールによる梱包は、中に入れる内容物や輸送状況によって形や素材を選定することが大切です。
用途に合ったダンボールを選ぶポイントと、アラコンが取扱っている豊富な種類の梱包用ダンボールをご紹介します。

梱包用ダンボールの商品一覧

形状

A式

A式

最も一般的な形状のダンボール箱です。
量産機で生産することができるので、もっとも安価でコストパフォーマンスの高い商品です。

B式

B式

テープを使用せずに組み立てられ、上下のふたが差し込み式になっています。
文書の保存など、何度も開閉を行うものに最適です。

C式

C式

ふたと身が分かれている形状の箱です。
ギフトなどでよく使用されます。

ヤッコ型

ヤッコ型

厚みがあまりない本やCDなどの梱包に使用されます。
型の製造がいらないため、初期費用を抑えることができます。

板・シートダンボール

板・シートダンボール

箱の中の商品の間仕切りや、上下の当て材として使用できます。
ダンボールを、ご希望のサイズにカットしたものです。

巻きダン

巻きダン

片面が凹凸になっており、適度な柔らかさのある商品です。
重梱包や、引っ越しの際の養生資材や緩衝材として使用されます。

材質

ライナー・・・中芯を挟む表面紙。中芯(フルート)・・・真ん中の波部分。

ライナー、中芯(フルート)を貼り合わせてダンボールの板状を作成します。
波状の中芯と、表ライナー、裏ライナーを貼り合わせた3枚構造のダンボールが、一般的な両面ダンボールです。


ライナー・・・中芯を挟む表面紙
中芯(フルート)・・・真ん中の波部分

Aフルート(AF)

Aフルート(AF)

厚み5mmの、最もよく使用されるダンボールです。
Bフルート(BF)

Bフルート(BF)

Aフルートより薄い、厚み3mmのダンボールです。
内容物が、堅い商品や軽量の商品の梱包に向いています。
Eフルート

Eフルート

厚み1.5mmのもので、外装箱ではなく、内装・個装用として使用されます。
Wフルート(WF)

Wフルート(WF)

AフルートとBフルートを貼り合わせた構造であり、厚みは8mmになります。
重量物や壊れやすいものの梱包に使用され、一般的には、輸出梱包で使用されます。

梱包資材としてのダンボールを選ぶポイント

内容物×重量×使用用途×輸送状況

ダンボールの中に入れる内容物は?

「弱いもの」といっても、高価なもの・壊れもの・精密品・危険品・輸出用など、様々な種類があります。
それぞれ内容物によって梱包状態は変わってきます。梱包資材のダンボールを選ぶ際は、内容物を明確にお伝えください。適品をご紹介させていただきます。

内容物の重量は?

一般的なダンボールの耐重量は、20kgくらいまでが目安です。
それ以上の重量のものを梱包する際は、強化ダンボールを使用することがありますので、正しく判断することが大切です。

使用用途は?

せっかくの梱包用ダンボールを、当て材に使用されているお客様がたまにおられます。
当て材に使用する場合は、シート状のダンボールを製造することも可能ですので、ご相談ください。
また、通い箱で使用されたい場合は、中芯のしっかりしたものを作るようにします。

輸送状況は?

商品の輸送中に、ダンボールケースが痛み、破損する場合があります。
取扱注意等のステッカーを貼ることも手段の一つですが、飛行機やトラック、船など、商品の輸送状況を事前に考えることも重要です。同じダンボールでも、強度や紙の材質が変わってきますので、最適なダンボールを選ぶようにしましょう。

梱包資材としてのダンボールを選ぶポイント

これらの要素を踏まえて、内容物に適したダンボールを選ぶことが、大切な商品を守る上で非常に重要になってきます。
また、これら用途に合ったダンボールを選ぶことはコストダウンにもつながります。

ダンボールの梱包・製造におけるコストダウンのご提案

梱包用ダンボールの規格品、オーダーメイドもお任せください

梱包用ダンボールの規格品、オーダーメイドもお任せください

梱包資材としてのダンボールの正しい選定方法から、ダンボールの梱包・製造におけるコストダウンの提案もさせていただきます。
また、製造メーカーとの取引も多いため、オーダーメイドのご注文にも柔軟に対応します。ぜひ一度ご相談ください。

ダンボールをはじめ、各種梱包資材・包装資材なら、業務用包装資材卸のアラコンにお問い合わせください。TEL:072-722-1521 FAX:072-722-0403